豊胸手術でバストサイズをアップ|魅力ある変身

症例写真を参考

医者

人によって内容は様々ですが、出産後はバストが崩れてしまうということが一般的に多く見られています。しぼんでしまったり、垂れてしまったりするのです。ここでは、その具体的な原因を追っていきましょう。特に大きく関連している要因として、ホルモンバランスの変動があります。妊娠中や授乳中は女性ホルモンが多く分泌されます。その影響で胸の大きさも変わることが多いです。一般的には二カップ程度大きくなると言われています。しかし、胸が大きくなるということは皮膚も伸びるということになります。やがて授乳期が過ぎると、女性ホルモンの分泌は収まります。そうなると、胸のボリュームは失われてしまうのです。伸びた皮膚はボリュームを失った胸に適応できず、その結果、バストの型崩れを引き起こしてしまうのです。また、乳首の伸びや左右のバランスの崩れなど、状況によっては様々な症状を併発することもあります。こうした問題は多くの女性を悩ませています。

そうした女性の悩みは豊胸手術によって解消されます。豊胸手術には様々なものがありますが、その中でも授乳後のバストに適しているのは脂肪注入法であると言われています。脂肪注入法は、ご自身の身体から余分な脂肪を除去し、胸に注入するという方法です。ご自身の身体の成分を使用するためリスクが少ない方法です。では、なぜ授乳後のバストに対する豊胸手術として脂肪注入法が適しているのでしょう。その答えは、胸の受け入れ状態にあります。授乳後のバストは皮膚が伸びている状態です。それはすなわち、より多くの脂肪を注入しやすい状態であるとも言えるのです。様々な豊胸手術の中から脂肪注入法が好まれる理由がそこにあります。脂肪注入法は、手術を行なう担当医によってその効果が異なってきます。特に経験が豊富な担当医ほど、片方の胸に注入できる脂肪の量が多いです。また、元のバストサイズに応じた注入を行なうため、仕上がりの形も自然なものが期待できます。授乳後に崩れてしまうバストにお悩みの方は、この脂肪注入法に注目してみると良いでしょう。キレイなバストを保つことにより、出産の影響を感じさせないより美しい身体となるのです。様々な症例写真も参考にすることで、その仕上がり具合がイメージできることでしょう。