豊胸手術でバストサイズをアップ|魅力ある変身

長期的な持続効果

相談

バストの中身は脂肪になるので、生活習慣によって形が大きくなる可能性は十分にありえます。ブラジャーなどバストを支えずに寝てしまうと、重力によって背中へと脂肪が流れていきやすくなるでしょう。また、激しい運動を続けていると、次第にクーパー靭帯が切れてきてバストは垂れ気味になってきます。美容外科にて豊胸手術を試みる女性の中には、ただ単にサイズアップを図りたいということ以外に、形を綺麗に整えたいという目的を持つ人もいるでしょう。垂れてしまったバストのハリを取り戻すことはとても難しいものです。高確率で綺麗なバストを取り戻す為には、豊胸手術に踏み込んでみましょう。
近年、豊胸手術に用いられているシリコンバッグには寒天状になっているタイプの他に、食塩水バッグも増えてきています。食塩水バッグは何よりもさわり心地を優先的に考えられたシリコンで、綺麗な形を維持しながらもそのさわり心地はまるで本物だと言われています。

シリコンバッグは乳腺を邪魔しないよう挿入されるので、将来赤ちゃんが生まれたときの授乳に困ることもありません。元々のバストのサイズがとっても小さく、大幅なサイズアップを目指すときにはシリコンバッグ挿入法を選びましょう。シリコンバッグ挿入による豊胸手術の場合だと、現在のサイズから約1.5~2カップのサイズアップを叶えることが可能です。体内に吸収される可能性のある脂肪・ヒアルロン酸注入とは異なり、シリコンバッグ挿入は半永久的に効果を持続できるので、いつまでも自分の理想の姿を保つことができます。

美容整形を受ける際には高額となる費用が必要になるので、一括支払いが難しいケースがあるでしょう。豊胸手術は最も高いとされるシリコンバッグ挿入法の場合、両乳で1,200,000円を超えることもざらにあります。一括支払いを困難とするときには医療ローンで分割することも可能なので支払い面も含めて相談してみましょう。最も安いところでは麻酔代を含めても600,000~800,000円掛かることもありますが、高品質の仕上がりを求めるなら利用先となる美容外科の見極めは重要になります。