豊胸手術でバストサイズをアップ|魅力ある変身

脂肪を注入する方法

胸元

全国にある美容外科では、女性のバストアップを図る為の施術があります。その施術として今豊胸手術が注目されています。バストアップを自分の力で実現するには困難なものですが、美容外科による施術を受けることによって自分の望みどおりのカップ数にまでアップさせることが可能です。そんな豊胸手術の中で最も人気を集めるのが脂肪注入法です。脂肪注入法の場合、自身の体から脂肪を抽出してバストへ注入していくので体に掛かる負担はほぼありません。脂肪注入法は、バストのサイズをアップしながらも気になるパーツの脂肪を取り除くことができる為に一石二鳥だということが言えるでしょう。女性らしいボディラインを作り上げる施術として名高くなっています。
豊胸手術を試みるときは誰でも最初は不安なものです。その不安を解消する為にも、あらかじめ外科医に相談しておきましょう。脂肪注入やヒアルロン酸注入の場合、術後のダウンタイムはとても小さいものですが、シリコンバッグ挿入だとダウンタイムは長いときで約1~2ヶ月掛かるものです。体内に挿入されたシリコンに対する拒否反応が生じる可能性もあるので、体への負担をしっかり考慮しておきましょう。

今でこそ数々の豊胸手術が誕生している為、自分に最適となるものを見つけてみましょう。脂肪注入法を成功させる為には、ある程度の脂肪量が体内にあることが必須条件となるので、痩せ過ぎている人には不向きな施術になります。しかし、十分にその脂肪量を満たしているときには長期的にその効果を持続できるので、見事外見コンプレックスの解消となるでしょう。バストの正体は脂肪なので、脂肪注入による豊胸は仕上がりがとても自然で、さわり心地が最も本物に近いということでも人気になっています。

気になるさわり心地

看護師

美容外科で受けられるシリコンバッグ挿入による豊胸手術は、永続的にその効果を実感できるので長期的にバストアップを望む人にはピッタリの施術だと言えます。シリコンバッグを選ぶときは自身の体に適したものを担当医に相談してみましょう。

詳しく読む

長期的な持続効果

相談

バストのサイズをアップさせよう豊胸手術を受けるときには、今後のことも含めて考えましょう。長期的な効果を簡単に維持できるシリコンバッグは、定期的なマッサージを続けるだけで魅力あるバストのままでいられます。

詳しく読む

症例写真を参考

医者

出産後の女性には新たな悩みが発生します。授乳をすることで胸が垂れてしまうというものです。そんなお悩みも豊胸手術によって解消されます。症例写真などから理想の形を思い描いてみましょう。

詳しく読む

血小板注入

看護師

豊胸手術には様々な方法がありますが、最新の手術として用いられるのがACR血小板注入療法と呼ばれる手術方法です。気になるその内容と、効果について確認していきましょう。

詳しく読む

脂肪を抽出するには

ウーマン

豊胸手術の中で最も体に負担の掛からない脂肪注入法は、抽出するパーツに気をつけましょう。肌表面があまりにもぼこぼこにならないよう、抽出する箇所はしっかりばらけさせることが大切です。

詳しく読む